三角骨障害(さんかくこつしょうがい)

The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

三角骨障害(さんかくこつしょうがい)とは、足関節にある距骨などに負荷が繰り返されることで、炎症を起こし、足首の後ろ側が痛くなる症状をいいます。

三角骨障害は、サッカー選手やバレエダンサー、ダンサーさんなどがなりやすい症状で、外傷の場合もありますが、多くの場合は、使いすぎ(オーバーユース)によるものが一般的です。

使いすぎといっても、三角骨障害になる方とならない方がいるのには、元々、足に歪みがあったり、疲労が溜まっていたりすることが根本的な原因なので、三角骨障害により痛みが出た場合は、痛みを押さえるだけでなく、競技を続けるためにも、根本的な歪みなどを解消するようにしましょう。

健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。
The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!

関連記事

成長痛(せいちょうつう)

ハムストリングス(ハムストリング)

膝蓋骨(しつがいこつ)

回内足(かいないそく)

回外足(かいがいそく)

軟骨(なんこつ)