足の裏の痛みしびれは坐骨神経痛かもしれません。

The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

「6ヶ月以上前から、両足のふくらはぎから足裏痛みやしびれ、あとは、足の冷えを感じることが増えました。」
「長時間の車の運転をしていると、ふくらはぎや足の裏のところにジンジンとした痛みやしびれを感じるようになりました。」

このような足の裏やふくらはぎの痛み、痺れと言うものを感じた事はないでしょうか?
これらの症状は、足の裏やふくらはぎ自体に痛みの原因があるわけではないのです。
実は、足ではなく腰からきている痛み(坐骨神経痛)の可能性が高いのです。

他にも原因がある場合がありますが痛みや痺れとなるとまず腰の腰から来ているということを考える必要があります。

このページでは、足の裏の痛みやふくらはぎの痛みしびれについて原因や症状についてご説明させていただいています。
あなたの足の裏からふくらはぎにかけての痛みしびれが楽になることをお祈りしております。

ふくらはぎから足の裏の痛みしびれは坐骨神経痛かもしれませんよ。

39b9752cb2393faf69881759cb4df343_s

坐骨神経痛とは、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症等の影響で坐骨神経と言う神経を圧迫して、痛みや痺れが出る症状を言います。

・前屈をしたり腰を反らせると痛みや痺れが出る
・痛みが強く出たり痛みが楽になったりする
・足が常にだる重い感じが続いている
・腰ではなくお尻や太ももの裏ふくらはぎが痛い
・朝起きて靴下を履くときに足を曲げようとすると痛い

以上のような症状が出ているときは、坐骨神経痛になっている可能性があります。

腰の痛みや坐骨神経痛は、足先に近いところが痛みやしびれになっている時ほど症状が強くなっている可能性があるので、気づいたらすぐに治療を行うようにしましょう。

坐骨神経痛の原因

ふくらはぎから足の裏の痛みやしびれは、坐骨神経痛から来ている場合があります。
この坐骨神経痛の原因は、腰の骨の歪みや内臓の歪みまたは筋肉の歪みによって起こっていることがほとんどです。

つまり坐骨神経痛は、ほとんどの場合が歪みから来ているのでその歪みを取り除かない限りは根本的な解決にはなりません。
腰や坐骨神経痛の痛みで、湿布や痛み止め電気治療等をしているだけでは痛みが根本から回復しているとは考えにくいです。

ですから、坐骨神経痛を根本的に解決するには、腰の骨の歪みや筋肉の歪み内臓の歪みを調整する必要があります。
その時は整体や鍼灸または整形外科でのリハビリ等によって治療行うことがおすすめです。
まず、坐骨神経痛の症状が出ているときは専門家に相談して早めに治療を行うようにしましょう。

坐骨神経痛と整形外科での注意点

b995658d958e43c05747a79052f911fa_s

整形外科ではレントゲンやMRIを撮って腰の骨に異常がないか確かめます。

整形外科ではレントゲンやMRIを撮りますが腰の骨に異常はないと言われることがあります。
また、坐骨神経痛の場合は両足に症状は出ないとも言われることもあります。

しかし、脊柱管狭窄症など腰の症状としてきつい症状が出ているときは、両足裏に痛みや痺れが出ることもあることを知っておいてください。

また、整形外科によってはすぐに手術を進めるところがあるようですが、その場合は医師に状態を細かく聞いて考える時間は作るようにしておいた方が良いと思います。
もちろん専門家の意見はしっかり聞いておいた方がいいと思うのですが、手術をすぐに進めるような病院は少し怖い気がするので、個人的な意見としては、まず保存的な方法で治療を試して、それでもほんとに痛みや痺れが何も変わらない場合は手術をすると言う選択をしておいても遅くはないと思います。

まとめ:ふくらはぎから足の裏の痛みしびれは坐骨神経痛かもしれません。

85d32f25b5cc3ca8187d676ad70a0ac8_s

足の裏の痛みがあるときは、足に原因があると思って足だけを治療していたりしませんか?

でも、それで症状がなかなかよくならない場合は、坐骨神経痛が関係してることも考えられるのです。
足の裏の痛みが出ているときは足の裏って話だけではなく、骨盤や腰の骨、内臓、筋肉などをしっかり見てくれる専門の方に相談することをお勧めします。

※このサイトでご紹介している記事内容については、効果に個人差があります。
個人の判断と責任のもとで、参考にしてください。
痛み不調を感じているときは、自分で判断せずに、必ず医療機関を受診するようにしましょう。

健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。
The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!

関連記事

右足が痛い!症状と原因まとめ

腰痛と足の痛みが関係あるの?腰痛が慢性化して良くならない方へ

足の裏に痛みが起こる9つの原因とその症状

ふくらはぎの痛み!足の痛みの症状や原因と対策法