腰痛と足の痛みが関係あるの?腰痛が慢性化して良くならない方へ

The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

「足が痛くて、放っておいたら腰まで痛くなってしまった」

こんな経験ありませんか?

実は、足の痛みと腰痛は密接に関係してるんです。

人の足というのは建物でいう基礎部分と同じです。
例えば、建物が地震にあった場合、基礎が弱い状態だと建物がすぐに崩壊してしまいますよね。
身体も同じで、足がよわい状態(歪みがある)になっていると腰や膝、首への負荷が大きくなってしまうのです。

なので、この原理から腰痛と足の痛みが関係ないと考えるのではなく、足の痛みが合った場合は、他の症状も併発してくる原因にもなりかねませんので、早期に対策をすることが大切です。

では、どのように足のバランスを安定させるのでしょうか?
このページでは、自分でできる簡単なテーピング方法をお伝えしようと思います。

腰痛と足の痛みに効果的なテーピング方法

セルフテーピング方法については下記の動画をご覧ください。


動画の中では、拇指や小趾、足全体にテーピングを行なっていますが、初めて自分でするにはハードルが高いので、まずはかかとのみのテーピングを行いましょう。
踵骨(かかとの骨)やアキレス腱しゅうへんをテーピングで固定することで、土台である足が安定しやすくなります。

特にぎっくり腰などの急性の痛みのときは、かかと周辺にテーピングをすると楽に動けるようになり、痛みも緩和されると思います。

腰痛と足の痛みの関係のまとめ

以上のように、腰痛は足の痛みと関係しています。
足の痛みがあると、身体のバランスが崩れ腰が痛くなりますし、慢性的な腰痛がある方や、どんな方法を試しても腰痛がよくならない方は、足のバランスを整えて、土台から健康になっていきましょう。

※このサイトでご紹介している記事内容については、効果に個人差があります。個人の判断と責任のもとで、参考にしてください。痛み不調を感じているときは、自分で判断せずに、必ず医療機関を受診するようにしましょう。

健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。
The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!

関連記事

足の裏の痛みしびれは坐骨神経痛かもしれません。

ふくらはぎの痛み!足の痛みの症状や原因と対策法

右足が痛い!症状と原因まとめ

足の裏に痛みが起こる9つの原因とその症状