オスグッド(オスグット病)

The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

オスグッドとは、大腿四頭筋の柔軟性の低下に伴い、脛骨結節部に負荷が集中して、痛みを伴う症状をいいます。小・中学生に多い疾患で、サッカーや野球、ハンドボール、バレーなど、運動の負荷が急に増えたときになりやすいと考えられています。

オスグッドは、成長痛とも言われますが、同じ運動をしていて「痛みが出る人」「痛みが出ない人」がいませんか?これは、単に、成長するからオスグッドになるのではなく、成長過程のときに、「大腿四頭筋の緊張や膝関節の歪みが起こっている人に痛みが出る」ということです。なので、成長痛だからといってあきらめるのではなく、適切な治療さえを行えば、回復できる症状なのです。

オスグッドになりやすい人

0763cdc6b3bc6869b0aa72694716cc0b_s

小、中学生の少年に多く、走ったり、ジャンプしたりを

繰り返すスポーツをしている人

オスグッドの症状

オスグッド病になると下記のような症状が現れ、痛みや運動制限が起こります。

・お皿の下に出っ張りが出てきて押すと痛い
・正座ができない
・しゃがむと痛い
・始めは片足だけの痛みだったが、両脚に痛みがではじめた
・ジャンプできない
・歩くのも痛みが出て、スムーズにできない

このように、膝の前側に可動域制限が起こり、痛みを感じるようになってきます。

オスグッドの原因

629a52c6901617c719b1eefedec93db2_s

オスグッドになる原因は、大きく分けて2つあると考えています。

1.疲労の蓄積

成長期に膝をやや曲げ加減にする運動をしたことで、大腿四頭筋に緊張が起こります。そして、その繰り返しの動作をすることで、脛骨結節部に継続的に負荷がかかり、守ろうとして骨が出っ張ってくる(脛骨粗面の出っ張り)のです。

2.外反母趾・浮き指・扁平足・ハイアーチによる足の歪み

外反母趾や浮き指になると、本来ある足裏のアーチが崩れ、地面からの衝撃を受けやすい状態になります。その地面から受けた衝撃が大腿四頭筋に疲労を起こすことが原因にもなるのです。

オスグッドの治し方(セルフケア)

1.ストレッチ(マッサージ)

ここでは、オスグッドになったときに、自分でできるセルフケア方法について説明します。
オスグッドの場合は、セルフケアとして大腿四頭筋の緊張を取り除くストレッチやマッサージが有効的です。
ここでは、ストレッチとマッサージを合わせた『膝の曲げ伸ばし運動』についてご紹介します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

オスグッドの治療

オスグッドの治療法は、一般的には下記にあげるものが主流のようです。

1.湿布(アイシング)

オスグッドで病院に診察にいくと、ほとんどの場合「湿布を貼って、安静にしてください!」と言われると思います。
オスグッドになる人は、スポーツに真剣に取り組んでいて、全力でスポーツに取り組みたいと考えていると思います。ですが、ただ湿布を貼って、安静にしているだけでは、オスグッドは良くなりません。
痛みには、必ず原因があるので、その根本的な原因、オスグッドの場合は、大腿四頭筋や歪みが原因になっていることが多いので、その部分を取り除く努力をしましょう。

2.電気治療

電気治療は、整形外科や接骨院で使われる治療器です。
電気の刺激を送ることで、筋肉の緊張を緩和させる効果がありますが、表面的にしか緩まないものや原因になっている部位まで届かないことが多いです。
なので、電気治療するときに、細かく身体をチェックして、ピンポイントで治療してくれる治療院は信用できますが、ただ助手の方に付けてもらっているだけのところは、信用できないかと思います。

3.サポーター

サポーターは、オスグッドや膝痛になったときにサポートされるので、少し痛みは和らぎます。スポーツを激しくしていて、痛みを我慢してでも運動したいと思っている方にはオススメです。
ですが、サポーターだけに頼るだけでは、根本的な原因の治療にはならないので、オスグッドの原因を把握している専門家に診てもらうようにしましょう。

4.筋力トレーニング

筋トレは、オスグッドの場合、大腿四頭筋(太もも前側の筋肉)の筋力を鍛えることが再発予防になります。
ここでの注意点は、「痛み」と「筋力」は関係ないということです。
筋力が弱くてもオスグッドになるわけではなく、原因は、筋肉疲労と膝関節の歪みなので、痛みがあっても、無理に筋力トレーニングはしないようにしましょう。

5.整体、鍼灸

オスグッドの原因を根本的にケアするには、「大腿四頭筋の筋疲労」や「膝関節の歪み」を直接整える整体や鍼灸に行くことをオススメします。
整体や鍼灸でも、オスグッドの治療を把握しているところと把握していない所があるので、実績や先生の症状についての見解と見て、「この先生なら直してくれそう」と感じる先生に相談してみましょう。

オスグッドの手術

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s

成長期にある学生に、オスグッドで手術をするなんて考えられません。
まずは、他の方法を試してみてください。
手術しなくても、必ず回復出来る方法があります。

オスグッドの予防

オスグッドを予防するときに、非常に大事なポイントがあります。
オスグッドになるのは、基本的に小・中学生の方です。まだ、スポーツを始めたばかりで身体のケアの仕方が分からなかったり、身体のケアの重要性を理解していなかったり、部活に追われていたり…で、「疲労を回復する」というポイントが抜け落ちていることがあります。

877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s

オスグッドの痛みは、もともとある身体の歪みも原因としてありますが、基本的には筋肉疲労が蓄積したときに起こります。
この「疲労を回復する」という意識をもって、普段からケアしておけば、ひどい痛みに襲われることがないでしょう。
オスグッドの予防方法は、下記の方法がおすすめです。
この2つを意識するだけでも、オスグッドの予防になりますので、続けてみましょう。

1.温める

身体の疲労を回復させるために、お風呂に浸かったり(10分程度でもいいので、半身浴がオススメ)、湯たんぽなどで、大腿部前面を温めたりすることです。

2.睡眠時間を確保する

疲労を回復させるには、睡眠が必要不可欠です。必ず睡眠時間を確保して、身体を回復させるようにしましょう。

健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。
The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!

関連記事

関連記事がありません。