外反母趾からあなたを守る「靴の履き方」

The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

外反母趾や浮き指、扁平足、ハイアーチ、足のむくみ、冷えなど足には様々な不調が起こってきます。

あなたも、過去から現在にかけて、何かしら「足」に不調を感じたことがあると思います。

このページでは、外反母趾と関係している靴の履き方についてご紹介したいと思います。

そもそも、靴の正しい履き方とは?

85d32f25b5cc3ca8187d676ad70a0ac8_s

まず、靴の履き方の初めのポイントとしては、
・踵にしっかりフィットさせて履くこと
履き方としては、足のつま先を少し上げて踵に「トントン」とフィットさせることで、足が安定して靴の中でずれるようなことがなくなってきます。

・足の甲とつま先をしっかりフィットさせるように履くこと
そのためにはなるべく紐靴(ひもぐつ)などを選ぶようにしましょう。
紐靴を履くことで、「足の甲部分」や「つま先部分」の幅をある程度調節することができますので、紐靴を使って足の甲とつま先をしっかりフィットさせるように履きましょう。

なぜ、靴はフィットさせる方が良いのか?

0bb16db837d074925f529f26439caf91_s   

靴をあわせることで、踵・足の甲・つま先をしっかりフィットさせて履くことで足裏が安定してきて、上の方にある腰や首への負担も減ってくるからです。
最近は、スリッパタイプのクロックスなどが履きやすく流行っているので、「靴をフィットさせて履く」という習慣が減っているように思えるので、注意が必要ですね。

では、フィットさせないと、どのような弊害が足に起こるのか?

b4c48761e8a207d5ed54c207d55466c5_s

それは、靴の履き方を適当にしていると、足は無意識に靴を脱げないように、足の指を上にあげて歩いたり、余計な筋力を使うことになるからです。
余計な筋力を使うと、足が疲労しやすくなり、慢性的に足がむくみやすかったり、冷え性の原因になったりと良いことがありません。
だから、靴の履き方を疎かにせず、しっかり靴紐で合わせることが重要なのです。

靴のヒモを結ぶのは面倒と思われるかもしれませんが、ちょっとした意識があるかどうかで、足への負担が変わってきますので、習慣にしてみてはいかがでしょうか。

※このサイトでご紹介している記事内容については、効果に個人差があります。
個人の判断と責任のもとで、参考にしてください。
痛み不調を感じているときは、自分で判断せずに、必ず医療機関を受診するようにしましょう。

健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。
The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!

関連記事

女性に知ってほしい!外反母趾と足の病気

子供を外反母趾から守る2つの方法

外反母趾テーピングの巻き方

外反母趾は浮き指の影響でなるの?

外反母趾は遺伝するの?

なぜ、外反母趾は足アーチが重要なのか?