ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)

The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

膝蓋靱帯炎とは、膝蓋骨(しつがいこつ)と脛骨(けいこつ)を結ぶ、膝蓋靭帯に炎症が起きた状態をいいます。

膝蓋靱帯炎は、病院に行くと湿布やサポーター、電気治療で安静にすることが、一般的な治療のようです、でも、それだけでは膝蓋靱帯炎の原因を取り除くことはすぐにはできない場合が多いのです。
スポーツを元気に続けるためにも、膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)の本当の原因を知って、根本から改善していきましょう。

ジャンパー膝になりやすい方

10代~20代の方に多い。
※30代以降でも、急に運動スポーツを始めた方や、継続した運動を行う方にも起こりやすい症状です。
バレーボール、サッカー、フットサル、野球、バスケットボール、ハンドボール、マラソン、フィットネス、自転車ロードレースをしている方全般に起こりやすい疾患です。

ジャンパー膝の症状

2fcde843bbba1cb577cfc77c9605a763_s

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)の症状は、横や斜めに激しく動くフェイントや、ジャンプ動作、ダッシュ、コンクリート上でのランニングなどの繰り返し行うことで、膝蓋靭帯に炎症が起こり、膝の下周辺に痛みが出てくる疾患です。
膝蓋靱帯炎は、ジャンパー膝とも呼ばれ、ジャンプ動作を繰り返し行うことで、炎症が起きることから、ジャンパー膝と呼ばれるようです。動作としては、ジャンプをしないスポーツでもなる可能性があるので、ジャンプには、あまり執着しすぎないようにしましょう。

ジャンパー膝が完治する期間は?

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_s

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)は、症状が完治するまでの期間は、個人差はありますが、適切な治療を受ければ、1週間~長くても1か月以内には、痛みがなくなってくることが多いです。この時の注意点は、「ただ安静にしているだけでは良くならない!」ということを知っておいてください。

ジャンパー膝の原因

baf24245b1cf2e8d29eaf4025f357653_s

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)の原因は、「膝関節の歪み捻れ」と「大腿四頭筋の過緊張」です。
膝蓋靭帯が膝関節の歪み捻れと筋肉の緊張により、強く引っ張られる状態が継続することで、膝蓋靭帯に炎症が起こるのです。
症状が進行している場合は、膝蓋靭帯と関係している脛骨や骨盤など他の部位が間接的な原因になっていることもありますので、専門家に詳しく診てもらうことをおすすめします。

ジャンパー膝と自転車(ロードバイク)の関係

433b9eb4778e4556fa21ee86d3f94160_s

自転車をに乗る方で、膝のお皿周辺に痛みが出る場合があります。
これは、自転車のペダリング時に、大腿四頭筋(太もも前側)に負荷がかかり、膝蓋靭帯に炎症を起こしてしまうパターンです。
大腿四頭筋に負荷をかけないためには、「正しいペダリング」と「定期的なメンテナンス」が必要になります。

・正しいペダリング

重いギヤでクルクル回すのではなく、軽いギヤでクルクル回すように練習してみましょう。
また、脚でペダリングするのではなく、骨盤、臀部など、身体の軸となる部分から、ペダリングするように意識しましょう。

・定期的なメンテナンス

定期的なメンテナンスは、自転車に乗る前と乗った後に、必ず身体のケアを行うことです。これは、そんなに難しく考えずに簡単な方法で行ってみましょう。
例えば、軽いギヤでクルクル回してクールダウンをする。お風呂に入って身体を温めて、血液などの循環をよくする。このような当たり前のことですが、続けるのと続けないのとでは全く結果が違ってきますので、ぜひ、お試し下さい。

ジャンパー膝の治療

e388f51fc996ed17d5797b5ae02ca4b9_s

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)の治療は、下記の方法があります。
・病院(整形外科)
病院では一般的に、安静することを前提に、湿布やサポーター、アイシング、電気治療などがあります。しかし、これは対処療法なので、辞めれば痛みが再発したり、日常生活が制限されたりというデメリットがあるので、根本的に改善したいという方には、あまりオススメはできません。
整形外科でも、色々な治療方法を取り入れている病院はあるので、一概には言えませんが、治療をする際は、今の痛みをなくすだけでなく、再発しない身体つくりをするようにしていきましょう!
・サポーター、テーピング
サポーターやテーピングは、膝をサポートするために効果的です。
特に、「痛みがありながらスポーツを続けないと行けない」という状況下にいる方は、サポーターやテーピングで、補強するようにしましょう。
ここでの注意点は、ただ補強するだけでなく、整体や鍼灸など他の方法も取り入れながら、根本的に改善することを目標に治療してきましょう。
・整体、鍼灸、カイロプラクティック
整体や鍼灸、カイロプラクティックでは、骨格や筋肉のゆがみを調整するので、根本的な改善を目指している方には、おすすめです。
治療院を選ぶときが非常に大事なのですが、膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)について詳しくホームページで説明されていたり、ただマッサージするだけでなく、歪みをしっかり調整してくれる方法で治療している治療院を選ぶようにしましょう。

ジャンパー膝の手術?

c7ab02dd34797669a2a6a19fd6db8c7e_s

膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)で手術をする必要ありません。
稀に、膝蓋靭帯が断裂していたりしたときは、必要あるかもしれませんが、断裂していない場合は、他の方法で改善することができます。

ジャンプ 膝、ストレッチ、テーピング、サポーター、テーピング

健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。
The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!

関連記事

踵(かかと)から着地するのが正しい歩き方?