膝の痛みである「半月板損傷」の症状と原因まとめ

The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

半月板損傷は、膝関節にあるクッションの役目を果たしている半月板が損傷を起こした状態をいいます。

※半月板とは、膝関節を滑らかに動かすための補助として働く軟骨組織のことをいいます。膝関節の左右にあり、外側の半月板のことを「外側半月板」内側の半月板のことを「内側半月板」といいます。

半月板損傷は、関節内の損傷なので、他の膝の痛みと違い、自然治癒する可能性が低いです。なので、症状が悪化していく前に、適切な方法で治療を行うようにしましょう。

半月板損傷の症状

117822

半月板損傷の症状は、下記のような症状が一般的ですが、特徴的なのは、膝の曲げ伸ばし時に膝がロックされたように動かない「ロッキング」と呼ばれる症状が出ることです。他の膝痛でも、膝の曲げ伸ばしが痛い!という場合は多いですが、ロックされたようになる症状は、半月板を損傷している可能性が高いと予想できます。

・歩行が困難になる
・膝の力が「フッ」と抜ける
・膝の曲げ伸ばし時に、ある一定の場所でロックされる

半月板損傷の原因

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

半月板損傷の原因は、大きく分けて2つあります。

①スポーツなど外傷による原因
②加齢によるもの

どちらも、膝関節に過度に負荷がかかったことにより、半月板を損傷しますが、極端にひねったり、ぶつけたりしなくても、半月板を損傷することが多いです。これは、膝に負荷をかけやすい身体の状態になっていることが考えられます。
このサイトでは、半月板が損傷する原因として考えられる、「足裏の歪み」について、半月板損傷の治療で説明していきます。

半月板損傷の治療

1.整形外科的治療

b995658d958e43c05747a79052f911fa_s

・保存療法
安静にする、湿布やアイシング、電気治療、サポーターなどで、人の身体を傷つけずに治療を行っていく方法があります。この方法で、治療を行っても改善が見られない場合や半月板の損傷が激しい場合は、手術をするケースもあります。

・手術療法
保存療法で、改善が見られない場合は、関節鏡を使った鏡視下手術(近年の手術ではこの方法が多いようです。)を行うことが多いようです。でも、手術は最終的な手段なので、慎重に判断することをおすすめします。

2.その他の治療方法

flow08

整形外科的治療以外の方法で、整体やカイロプラクティック、鍼灸といった身体の歪みを整えたり、ツボ経絡などを刺激する施術で、半月板損傷の痛みが回復できる場合もあります。あきらかな半月板の損傷だと難しい場合があるかもしれませんが、まずは、保存療法やその他の方法で、治療を行うようにしましょう!

半月板損傷のリハビリ

bd67e0b29e416d2300a951a8994813ba_s

半月板を損傷したときのリハビリの順番についてお話します。
膝関節を痛めたときは、下記の順序で、対応してみましょう。

①専門医に相談する
②病院で「安静にするしかない」「湿布だけ」というような場合は、その他の治療を積極的に取り入れる。ホームページなどをみて、半月板の施術などを行った実績があるところを選ぶ。

まずは、簡単ですが、この順序で半月板損傷になったときは、対応するようにしましょう。

※注意点
無理な筋力トレーニングや痛む部位を強く伸ばすストレッチは、さらに痛める原因になりますので、半月板損傷のリハビリとしては、痛みが楽になってからにしましょう。また、単にマッサージするだけの院は、避けて下さい。

半月板損傷の手術費用・手術後について

3cabf8e9cda33b99469d923965459b9c_s

半月板損傷の手術費用は、入院や手術費用を合わせて、約10万円~20万円前後になるようです。これは、個人差があるのであくまで目安です。
手術後についても、普段と同じように生活できるようになるには、1~2か月ぐらいかかるようです。スポーツに復帰するなら約3ヶ月~6か月はみておいた方がよいでしょう。

何ども言いますが、手術をすると、手術後の長期間のリハビリ、手術により身体を傷つける、痛みが取れるか分からないなどの大きなリスクがあるので、本当に最終手段だとお考えください。

半月板損傷サポーター

半月板損傷を予防する方法として、サポーターを使用する場合があります。

膝関節を保護する目的もありますが、膝周辺の筋肉を支える役目もあります。
「どうしても激しい運動を続けないといけない!」という場合は、サポーターをおすすめします。

健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。
The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!

関連記事

関連記事がありません。