外反母趾サポーターのデメリット

The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

外反母趾のサポーターのデメリットとしては、お家の中で使えるんですけど外で使えないものが多くあります。

この点が一番のデメリットとして考えられます。

また外反母趾の場合、根本的な改善をしていくには、足を正しい状態にしてから、歩行して正しい位置に正しい筋肉をつけることが非常に大事です。そのためには、室内で使えるものよりは、外で靴の中でも使えるものの方が良いですね。

では、外反母趾サポーターはどうすればいいの?

外反母趾を改善していく為に一番大切なのは、足裏のバランスを整えた状態でしっかり歩くことです。
そうすることで足裏の筋力がついてきますので、足裏が安定してきて外反母趾の痛みを軽減することが出来ます。

ですからまず、お家の中でサポーターを使って、足裏のアーチを作ったり、親指が曲ってきてしまっているのをもとの正常な位置に戻したりすることをしっかりすることに合わせて、外ではテーピングを使ったりテーピングの機能が入った靴下を使って足裏のバランスを常に整えた状態にしていきましょう。テーピング方法については下記の動画をご覧ください。

そうすることで外反母趾の親指の付け根の痛みが強くなっている場合などのケアをしていくことが出来ますので、お家の中ではサポーターを使いながら、そして外では靴下を履いて常に足裏のバランスを整えるようにしていきましょう。

まとめ

このように外反母趾のグッズ関係でも室内用や外出用などありますが、装着して痛みがなく快適であれば、室内用と外出用の療法を併用しながら、外反母趾を改善していくのがベストでしょう!

ポイントは、どれだけオススメされて良い商品でも、つけたときに痛みが出たりするものは自分には合っていないので、そのときは、装着は避けた方がよいでしょう!

※このサイトでご紹介している記事内容については、効果に個人差があります。個人の判断と責任のもとで、参考にしてください。痛み不調を感じているときは、自分で判断せずに、必ず医療機関を受診するようにしましょう。

健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。
The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!

関連記事

外反母趾を楽にするストレッチ体操

外反母趾になる?子供靴は男女同サイズ?

正しい靴を履いて外反母趾を防ぐ方法

五本指ソックスは、外反母趾に効果あり?

土踏まずは外反母趾に影響大?扁平足なの?

女性に知ってほしい!外反母趾と足の病気