知ってた?外反母趾の手術後のリハビリ

The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

「外反母趾がひどくて手術をした…」でも、けっこうリハビリが長くてつらかった。という方も多いと思います。

外反母趾の手術は、今では日帰り手術も可能な時代になりましたが、やはり足の手術をするというのは、身体にとって非常に負担のかかるものです。

だから、どんな手術でも、術後がとても大切なんです。

外反母趾手術のリハビリはどんな感じなの?

一般的な外反母趾の手術は、主治医の先生と相談をしながらリハビリを進めていきます。
術後数日は痛みも腫れも酷いと思いますので、まずは足を高く上げていることが大切です。

数週間して痛みや腫れも引き始めたら、日常生活に戻りはじめます。
しかし痛みが強くなるようであればちゃんと休みます。

無理は禁物ですので自分の足の様子を見ながら適切に慎重な運動をすることが大切です。

数週間が過ぎて仮骨がみえてきたらどんどん歩行の量も増やしていきます。
ゆっくりと歩行訓練をし、経過が良好であれば通常通りに運動やスポーツもできるようになります。

かといって完全な足になるのには非常に長い時間がかかると思ったほうがよいです。
スポーツをする場合も順を経てステップアップしていくようにします。

外反母趾の術後のケア

外反母趾になる原因は、窮屈な履物を履くことや歩き方や姿勢、日常生活も深く関連してきます。
手術をしても手術前と同じような生活をしていれば再発することもありますので、長期間に渡って再発を防止する歩き方や姿勢、生活習慣などをすることも重要です。

足にきれいなアーチをつけるためにも、できるだけ歩いたり足首やつま先をしっかり使ったり、マッサージなどをして足の血流をよくするなど、日々の生活もリハビリのひとつといえます。
手術をしたからといって、根本的な問題が解決したわけではないので、日々の生活習慣をあらためて再発しないように心がけましょう!

※このサイトでご紹介している記事内容については、効果に個人差があります。個人の判断と責任のもとで、参考にしてください。痛み不調を感じているときは、自分で判断せずに、必ず医療機関を受診するようにしましょう。

健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。
The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!

関連記事

外反母趾は浮き指の影響でなるの?

子どもを外反母趾にさせない靴の選び方

忙しいあなたでもできる外反母趾のチェック4ステップ

五本指ソックスは、外反母趾に効果あり?

外反母趾テーピングの巻き方

外反母趾は歩行時の足変化を確認チェック!