正しい靴を履いて外反母趾を防ぐ方法

The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

「外反母趾で靴を選ぶのがいつも困る」

「外反母趾になると自分に合った靴のサイズがない…」
あなたにこんなお悩みないですか?

自分に合った靴を選ぶことはすごく大切です。
そんなときのポイントについてご紹介します!

正しい靴を履くことの重要性

正しい靴を履いていないと、外反母趾や浮き指などの、足裏が不安定な状態になってきます。
例えば、自分に合っていない少し大きめの靴を履いていると、歩いている時に無意識のうちに指を上げたような状態になっていることがあります。

本当なら足指と、指の付け根と、踵の3点で歩くのが正しい歩き方なんですが、指を上げて歩くことで、指の付け根と、踵の2点で歩く、悪い歩き方をしてしまいます。

そうすることで、重心が踵の方に偏ってしまって、踵で地面からの衝撃を吸収できず受け止めてしまうような状態になってきます。
そうなってくると上部にある腰や首の方にも、悪い負担をかけてくることになります。

ですから、自分に合った正しい靴を履くことによって、足裏が安定した状態を保つことができますので、靴屋さんで何度も靴を履いてたくさん歩き回って、自分に合った靴をしっかり慎重に選ぶことをお勧めします。

靴の選ぶ際のチェックポイント

①かかとがフィットしているもの
※かかとをフィットさせて安定させるだけで、身体の体幹がブレなくなり安定します。

②足先が幅広すぎないこと
※幅広の靴をはくと、その幅に足のサイズが合わさってきますので、幅広の靴を選ぶのはやめましょう。

③履いていて痛みが出ないもの
※オーダー靴で自分に合っているけど痛みが出る場合があります。その時は自分に合っているからといって、履き続けていると痛みがひどくなることがありますので、靴屋さんに行ってすぐに調整してもらいましょう!

まとめ:外反母趾になったときの正しい靴の履き方

外反母趾になると靴を選ぶのが難しくなりますよね。
でも、ちょっとしたポイントを気をつけるだけで、その後の予防になります。
少しでも参考になれば幸いです。

※このサイトでご紹介している記事内容については、効果に個人差があります。個人の判断と責任のもとで、参考にしてください。痛み不調を感じているときは、自分で判断せずに、必ず医療機関を受診するようにしましょう。

健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。
The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!

関連記事

ヒールを見直すだけで外反母趾がラクになるかも!?

五本指ソックスは、外反母趾に効果あり?

外反母趾はやってはならないタブーな靴選び

外反母趾は遺伝するの?

なぜ、サイズ大の靴を履くと外反母趾になるの?

女性に知ってほしい!外反母趾と足の病気