鵞足炎(膝内側の痛み)

The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

鵞足炎(がそくえん)とは、膝の内側が痛む症状で、膝にある鵞足と呼ばれる部分に炎症が起こる状態をいいます。
膝の内側が痛むと、反射的に「膝の軟骨がすり減って痛みが出ているんじゃないか?」と思われがちなのですが、多くの場合、筋肉や腱に炎症が起こり、膝の内側に痛みが出ることの方が多いのです。

鵞足炎の原因(鵞足炎になりやすい人の特徴とは?)

鵞足炎の原因は、鵞足部の腱が、膝の曲げ伸ばし時に骨と擦れたり、腱同士が擦れることで、炎症が起こり痛みが出てきます。
鵞足炎は、原因がわかれば、必ず良くなっていく症状です。あせらずに自分に合った適切な治療を行うようにしましょう。まずは、自分の脚の特徴について見て行きましょう。

1.O脚・X脚の方

20130517135204

O脚になると、膝関節の内側に負荷がかかりやすくなってきます。これは、変形性膝関節症の方によく見られる立位姿勢のときに、足がOのように曲がっている状態と同じです。
X脚の場合は、膝蓋骨が外側を向いているが内側に歪みが起きているなど、歪みとしてはO脚と似ている部分もあります。
O脚・X脚自体にも変形が起こることがありますが、その歪み捻れによって、鵞足部に負荷がかかり続ける状態になり、縫工筋、薄筋、半腱様筋が緊張を起こしてしまうのです。

2.外反母趾・扁平足になっている方

20130610141128

外反母趾や扁平足など、足に歪みが起こっていると、足関節や膝関節、股関節、骨盤などに歪みや捻れが出てきやすくなります。
つまり、足に歪みが起こっていると膝への負荷も大きくなるのです。
鵞足炎の場合でも、身体の土台である足のバランスは整えることで、鵞足部への負担が軽減しますので、足についても考えてケアするようにしましょう!

3.慢性的に腰痛がある方

39b9752cb2393faf69881759cb4df343_s

鵞足炎になる方の特徴として、慢性的に腰痛になっている場合が多いです。
腰痛は、腰に痛みを起こすだけだと思っていませんか?
腰の痛みは、上半身だと背中や肩首に痛みを起こしたり、下腿でいうと膝やふくらはぎ、すね、足首にも痛みを起こしてしまうことがあるのです。この事実を知らない方は多いと思いますが、何をやっても膝の痛みが治まらない方は、腰からきているかもせれませんよ。
腰痛になるのは、多くの場合、「腰椎や骨盤にゆがみが原因」です。
つまり、慢性的に腰痛がある方で、鵞足部に痛みが起きている方は、腰の痛みを解消するだけでも、かなり痛みが改善するかもしれません。

4.オーバーワーク・使いすぎ(オーバーユース)

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

近年は、マラソンやウォーキングなどのスポーツで、運動を生活の中に取り入れる方が増えています。その影響で、今までしていなかったスポーツしたことによる怪我や不調でお困りの方が増えています。
これは、急に運動をしたことに、身体が対応できていなかったり、身体の歪み、準備運動不足、身体のケア方法の間違いなどオーバーワークやオーバーユースによる鵞足炎の痛みの原因は人により違う場合が多いのです。
つまり、「運動を続けていきたい!」と考えている方は、必ず専門家に1回でもいいので、相談するようにしましょう。

※鵞足炎になりやすいスポーツ
テニス、サッカー、マラソン、ハンドボール、バレーボール、野球など

鵞足炎の症状

鵞足炎の症状は、膝の内側から膝下にかけて痛みが出てきます。

ひどくなると、スネやふくらはぎにも痛みが出ることがあるので、早期に対処することが大切です。

鵞足炎の症状の特徴は、
・運動時に膝内側に痛みを感じる
・膝下内側を押すと、痛みがある
・膝の曲げ伸ばし時に、膝内側が痛む
・階段の昇り降りがつらい
・正座ができない
・急な方向転換ができない
・安静にしているときでも、痛みを感じるようになった

このように膝を屈曲伸展させる動きをすることえ、膝内側に痛みが起こってくるのですが、痛みがある状態で、無理をして続けていると、座っているだけ(安静時)でも痛みが感じるようになります。また、「膝が腫れている」など他の膝痛疾患(半月板損傷やタナ障害など)も考えられますので、膝痛の診断は慎重に行って、適切な治療を行うようにしましょう!

鵞足炎と間違えやすい症状

 d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s 

鵞足炎の膝内側の痛みは、鵞足炎かもしれない!と思っていても他の疾患かもしれないので、注意が必要です。

1.疲労骨折

疲労骨折の場合は、脛骨近位部に鈍痛のようなにぶい痛みが出てきます。チェックとしては、軽く「ポンポン」と叩いて響くような痛みの場合は、疲労骨折の可能性があるので、整形外科でレントゲンやMRIで診断してもらいましょう。

2.内側側副靭帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)

内側側副靭帯損傷は、膝の内側に痛みが起こりますが、鵞足炎と比べて痛みの位置は、上側(膝関節の横あたり)になります。
また、内側側副靭帯損傷は、外反ストレステストで判別できますので、専門の先生にチェックしてもらいましょう。

他にも骨軟骨腫などコブができるような症状がありますが、念のため膝に痛みが起きたときは、整形外科でレントゲンやMRIで診断だけでもしてもらうようにしましょう!

鵞足炎の治療

鵞足炎の治療は、まず「診断」が非常に重要です。
鵞足炎に近い症状として、脛骨疲労骨折や半月板損傷やタナ障害、シンスプリントなどがあげられます。特に疲労骨折は、鋭い痛みというよりは、にぶい鈍痛があるため骨折していると自覚できないことがあります。
なので、膝痛に詳しい整形外科で、レントゲン(骨に異常がないか?)やSLRテストで鵞足炎かどうか診断してもらいましょう。
ここで皆さんが困るのは、治療院選びだと思います。
その時のポイントは、その先生が鵞足炎について知識を持っていて、しっかり話を聞いてくれるところです。ましてや触診もせずに診断する治療院は、避けたほうが良いと思います。

1.整形外科での治療

b995658d958e43c05747a79052f911fa_s

・消炎、鎮痛剤の内服
・湿布
・電気治療
・サポーター
・足底板

2.整形外科以外の治療

cfc1f98259fff454e66772ee68daa6c3_s

・整体
・鍼灸
・マッサージ
・ストレッチ
・サポーター

鵞足炎の治療は、身体の歪みと筋肉の過緊張から起こってくるので、根本的に解決したい方は、痛みを薬で抑えるのではなく、他の方法も併用してみましょう。

鵞足炎は、完治するの?

鵞足炎は、正しい治療を行えば、必ずよくなります。
ここで注意したいのは、単にマッサージをしたり、電気をあてたり、薬を飲んだりするだけの治療は行わないようにしましょう。
改善のポイントは、信頼できる先生の言うことを聞いて、治療方法を決めて、その治療方法を3週間はやり続けることです。痛みや不調がなかなか良くならない人の特徴は、1つの治療法を信じてやらずに、色々な治療に手を出してしまうことです。
まずは、信頼できる先生を見つけて、その先生のアドバイスをやってみましょう。

鵞足炎の予防

鵞足炎の予防について、2段階に分けてご説明します。

1.正しい姿勢、フォーム作り

 4e554f435e0cf3ca16fa9d69c7ef24a5_s

鵞足炎を予防して、再発させないためには、足のバランスを整え、膝に負担がかからない姿勢をつくる必要があります。人間の土台である「足のバランスを整える」ことで身体の体幹が整えられ、膝の痛みを予防することができます。足のバランスを整えるには、膝に直接するテーピングではなく、正しい姿勢を維持するため、「足のバランスを整えるテーピング」が効果的です。
このように普段から、歩くとき、走るときは、①足のバランスを整え、②足の親指を意識して、②お尻をしめて姿勢を保ってみてください。はじめは慣れませんが、体幹が整いやすくなります。

2.セルフケア

9b8034b6528880d518edfe7329c4f68b_s

鵞足炎の痛みを改善するには、セルフケアも覚えておくと何か異常が出たときに早期に対処できるようになります。方法としては、ストレッチとマッサージ、テーピングです。

・鵞足炎の予防としてのストレッチ

ストレッチのポイントは、痛みがあるのに無理をして伸ばしたり、強く伸ばしすぎないことです。どちらかといえば、弱い力で持続させた方が効果的です。

・鵞足炎の予防としてのマッサージ

マッサージもストレッチと同じく、強く揉むことはやめましょう。
人によっては、強く揉むことで身体を余計にわるくして、壊してしまう可能性もあります。
マッサージといううよりは、ソフトに曲げ伸ばしする習慣をつけましょう。

専門用語の解説

※鵞足とは、大腿部前側から膝内側にかけて通る縫工筋(ほうこうきん)腱、大腿部内側から膝内側を通る薄筋(はっきん)腱、大腿部後面から膝内側を通る半腱様筋(はんけんようきん)腱が付着している部位(脛骨の付着部)のことをいいます。

※O脚とは、足を合わせて立ったときに、膝同士が付かない状態をいいます。見た目がOを書くような形の脚になっています。

O脚は、膝同士が付いているか付いていないかだけでは判断できませんが、基本的には、膝同士がつかない状態をいいます。

※X脚とは、膝を合わせたときに、大腿部から膝、膝から足関節部までがXのように見える脚の状態をいいます。

※外反母趾とは、拇指が小趾側に約15度以上曲がっている状態をいいます。外反母趾は、一般的に痛みがあると思われていますが、半分以上の方は、拇指が変形していても痛みがないことが多いです。そのため、気づいた頃には、ひどく変形して立っているだけで痛みが出るような状態になりますので、早期に対処することをおすすめします。

※扁平足とは、土踏まずがなく、縦と横のアーチが低下している状態をいいます。
8歳頃までは、ほとんどの子供が扁平足気味なのですが、8歳を超えてくると、自然と扁平足が形成され、土踏まずが出来てきます。

健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。
The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!

関連記事

関連記事がありません。