外反母趾の改善!2種類の足の運動

The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

外反母趾は、足の親指が小指側に曲がってきてしまって、本来足裏にある縦と横のアーチがなくなってくる状態をいいます。
なので、外反母趾を改善するには、足指の関節の動きを滑らかにする必要があります。

外反母趾になっている方の場合は、足の指を広げたり曲げたりすることがなかなかできない状態になっていることがとても多いです。
例えば、足指を広げようとするだけで「痛い!」といった状態です。

このページでは、親指の関節を柔らかくするのに合わせて、他の指も柔らかくして外反母趾を改善していく3種類の足の運動についてご紹介していきたいと思います。

1.ゴムで親指を引っ張る「ホーマン体操」

ホーマン体操とは、ゴムバンドを使って、足指の筋力アップや足指の関節の柔軟性をアップさせる体操のことです。
ホーマン体操についえは、こちらの動画を参考にしてください。

2.足指の柔軟性を高める外反母趾のストレッチ体操。

ホーマン体操以外にも、足指の柔軟性を高めるストレッチ体操があります。その中の一つですが、外反母趾にも効果的なので、ぜひお試し下さい。

動画の中で紹介しているストレッチ体操の手順

①右足の場合、右手で足首と足の甲の間あたりをしっかり固定

②次に、左手の親指と人差し指で甲を挟み、足の親指と人差し指の間に手の指を入れる
※手の親指は足の親指の付け根の裏部分に当てるようにします

③この状態で、右手はしっかり固定し、左手で足の指を下にさげていく

※その時に、イメージしていただきたいのは、足の親指の関節や甲部分の関節の2つをしっかり動かすようなイメージで行います。
この関節が柔らかくなるようなイメージを持つとより効果的です。イメージを持たない状態で、足指を動かそうとすると、ただ力が入ってしまうだけで、あとで痛みが出てしまったりするので、力は全力で抜いて行うようにして下さい。

④次に、横に広げていきます。
※横に広げることによって筋肉のストレッチもできて、筋肉を柔らかくすることもできます。

⑤最後に、足指を縦に動かす運動と横に動かす運動を合わせて、回していきます。
※この時も、足指の付け根だけでなく、足甲の関節(リスフラン関節)などを意識して、動かすようにしましょう。

この体操を、片足約1~2分くらい、翌日に痛みが残らない程度に行うようにしましょう。

まとめ:外反母趾の2種類の足指の運動を行う目的

85d32f25b5cc3ca8187d676ad70a0ac8_s

外反母趾の足指の運動は、ここでご紹介した以外にも方法はありますが、色々な方法を試すより、絞った方法で体操を行なった方が効果的なので、ここでは2つにしました。すぐに効果が出ないかもしれませんが、最低でも3週間は続けてみてください。
そして、外反母趾を解消する方法で、サポーターや足底板などがありますが、1番大事なので、直接、足を動かすことです。
もし、サポーターなどを使用している方がいる場合は、足指の体操をあわせることで、より早く回復できるので、お試し下さい。

外反母趾は、「痛みがあるときは変形し始めているときで、また放っておくと痛みが緩和していく」ということを繰り返してしまう方が非常に多いです。これでは、外反母趾の変形がどんどんひどくなり、とうとう痛みで歩くのもしんどくなってしまうということもあり得ます。
だから、外反母趾のような変形や足に痛みが出てきていると感じたときは、早めに足指の運動をすることで、ひどくなる前に予防することができるのです。

※このサイトでご紹介している記事内容については、効果に個人差があります。個人の判断と責任のもとで、参考にしてください。痛み不調を感じているときは、自分で判断せずに、必ず医療機関を受診するようにしましょう。

健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。
The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!

関連記事

外反母趾テーピングの巻き方

ヒールを見直すだけで外反母趾がラクになるかも!?

仕事や学校が靴指定でも外反母趾は改善できる

外反母趾の痛みの場所は?外反母趾の痛みの症状と原因、治し方まとめ

外反母趾サポーターのデメリット

正しい靴を履いて外反母趾を防ぐ方法