CATEGORY:腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

腸脛靭帯炎(ランナー膝)とは、大腿部の外側にある腸脛靭帯が、膝の屈伸運動や偏った負荷が繰り返されることで、大腿外側上顆の部分で擦れるなどして炎症が起こり痛みが出てくる状態です。

特にマラソンランナーの方に起こりやすくランナー膝とも呼ばれる症状です。しかし、ランナーだけでなく主婦や運動をしていない方でも腸脛靭帯を痛めることはわるい歩き方、立ち方などを繰り返していると起こり得るので、運動をしていないから問題ないという風に考えるのは注意しましょう。

このページ、走ったり歩いたりするのを普通にできるように腸脛靭帯炎の必要な知識やスキルをまとめて解説しています。

ここで解説しているようにケアを行っていけば改善できる余地があるので、あきらめないようにしましょう。

現在、思うように腸脛靭帯炎の痛みが回復しなくて走れないというお悩みの方は、ぜひ最後まで読んでみてください。必ずお役に立てる内容になっていると思います。

腸脛靭帯炎とは、膝外側に痛みが出る症状です。 マラソンランナーやテニス、バスケットボール、トライアスロン、ハンドボールなど、激しく左右前後に...
健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!