CATEGORY:タナ障害(棚障害)

タナ障害(棚障害)

タナ障害(棚障害)とは、膝を曲げ伸ばしするとき膝内側周辺に引っかかり感がある、常に痛い重い感じがする、膝を曲げ伸ばしするときに「コキッ」など音がなるなど、膝蓋骨(膝の皿)と(太ももの骨)の間のヒダ部分に炎症が起きている状態をいいます。

このページでは、膝の痛みなく運動をしたい、やりたいことができるようにタナ障害を克服していくための必要な基礎知識やスキルをまとめて解説しています。

ここで解説している手順で、セルフケア、プロに相談するなどの方法をとることで改善するきっかけになると思います。

現在、タナ障害と診断され、どうすれば良くなるのか不安になっている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。必ずお役にたてる内容になっていると思います。

膝の症状で、「膝を曲げると痛い」「膝を曲げるときに、引っ掛かり感がある」「立ち上がる時に膝に何か挟まったような感覚がある」このような痛みや違和感...
健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!