足首の痛みの症状とその原因まとめ

The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

歩くだけでも足首が痛い。歩くのも嫌になるし、運動をしたいけど、痛みが取れないから、気持ちも落ち込んできた…。

こんな風に、足の痛みは、人がいつも普通にしている歩行という動作を制限してしまい、膝や腰、首など他の部位へも、余計な負担をかけてしまい、その人の気持まで折ってしまいます。

足首の痛みといっても、どんな症状があるのか分かりませんよね。このページでは、足首の痛みについて詳しく網羅できるようにしました。自分はどの症状なのかを確認するだけでも、改善策を見つけるきっかけになると思います。

あなたの足の痛みが解消するきっかけになれば、幸いです。

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

アキレス腱とヒラメ筋

アキレス腱炎やアキレス腱周囲炎とは、ヒラメ筋、腓腹筋と踵骨をつないでいるアキレス腱やアキレス腱周囲に炎症が起こり、痛みが出てくる症状をいいます。

症状は、軽症の場合、足首を背屈、底屈させたりすると痛みが出る場合や、症状が進行してくると、じっとしているだけでも痛みが出る状態になります。また、アキレス腱を押さえると痛みを感じる場合もあります。

原因としては、スポーツなどによる「使いすぎ」が根本的な原因ではありません。実は、足首の骨に歪みが起こることで、筋肉や靭帯が緊張を起こし、痛みが出やすい状態になり痛みが起こるのです。

つまり、足首に歪みがある状態で、動く(使う)ことで、本当だと負荷がかからない部位に過剰な負荷がかかり、痛みが発現してくるのです。

アキレス腱断裂

アキレス腱断裂

アキレス腱断裂は、アキレス腱炎と違い、アキレス腱が断裂した状態をいいます。炎症というよりは、アキレス腱が部分的、完全に切れてしまったことによる症状をいいます。

アキレス腱断裂を起こすと、激しい痛みにおそわれ動くことは困難なので、近くにいる人に助けを呼んでもらい病院に行きましょう。

アキレス腱断裂は、切れてしまったアキレス腱を縫合する手術治療が一般的です。手術後からリハビリをして、スポーツに復帰する場合は、約3か月ぐらいは見ておいた方がいいかもしれません。手術をした場合は、リハビリが非常に大事なので、痛みが出たりつらく感じてしまう場合もあると思いますが、あきらめず取り組むようにしましょう。

かかとの痛み(踵骨棘)

足首の痛みに近い部分で痛みを起こしやすいのが、かかとの痛みです。

特にかかと部分に「トゲ」のような突起ができてしまう状態を踵骨棘といいます。この影響でアキレス腱に近い部分が腫れたり、痛みを起こすようになり、ひどくなると歩くのも困難になる場合もあります。

>詳しくはこちら⇒踵骨棘(しょうこつきょく)

外反・内反ねんざ

yutuseigaikeikotu

ねんざは、一般的に、足首を外反(足裏を外側にひねる)することで捻挫を起こす場合と、足首を内反(足裏を内側にひねる)することで捻挫を起こす場合があります。

捻挫の症状は、ひどい場合だと痛みや腫れ、熱感があり、軽度の場合だと、痛いと思っても放っておくとある程度動けて痛みが軽減していく。など、捻挫の場合は、症状に軽度の場合と重度の場合がありますので、素人判断はせずに、初期段階で、病院や整骨院など専門家にみてもらいましょう。

また、足首捻挫の対処方法としては、一般的には、RICE処置を行います。
RICE処置(ライス処置)とは、「安静、冷却、圧迫、挙上」の略で、捻挫をした場合などの応急処置方法のことをいいます。

Rest(安静):安静にする
Icing(冷却):冷やして、炎症をおさえる
Compression(圧迫):圧迫する
Elevation(挙上):心臓より高い位置にする

これは、一時的に対処するときに行うものなので、捻挫をした場合は、ひどい場合でなくても、専門医に診てもらい、状態を確認してもらいましょう。

まとめ

足首の痛みは、以上の症状が主なものです。

もちろん、これ以外にも、足首の症状はありますが、これを知っているだけでも、「今の自分はどのような状態なのか?」はある程度把握はできると思います。

足首をひねった、痛みが出たという場合は、あせらずに整形外科で見てもらい、適切な対処をとるようにしましょう。

健康を”資産”にするセルフケア方法についてまとめました。
The following two tabs change content below.
谷 信弥
「足」から健康に!を信念に整体院を運営。 自ら体験した自律神経の不調を克服したことがきっかけで「足」の重要性に気づく。実際にカラダの不調を改善したお客さまの声をもとに、実際の現場で得た情報をもとに健康について発信している。

あなたは、現在、何かしらのカラダの痛み不調を抱えていませんか?健康なカラダを保つためには、健康なカラダを保つ生活習慣が大切です。

でも、「日々の生活に追われてなかなかできない…。」そんな方でも、自分で簡単に健康なカラダを保つ生活習慣ができるように、その方法をまとめました。

LINE@にご登録いただくことで、

「健康を”資産”にするセルフケア方法」を知ることができます。

ストレッチやセルフケアを自分でやってはいても、実際には間違ったことをしている方が多い、カラダとココロのケア方法。様々なセルフケア方法や整体院、病院に行く前から知っておくべきセルフケアの基礎をまとめてあります。

これからもカラダの痛み不調に制限されず、やりたいこと好きなことを叶えたい方は、今すぐ、下のボタンをタップしてご登録ください。

LINE@に登録してお得な情報をGETする!

関連記事

関連記事がありません。